PTA会長卒業式のあいさつ事例集
帯広の森サッカー場
クラブユースサッカー選手権U-15

中学生サッカー、日本クラブユース選手権U-15の全国大会は

毎年8月上旬に北海道/帯広でおこなわれます。

日程は、予選リーグが3日間連続でおこなわれ、1日休息日が入ります。

そのあと決勝トーナメントが3日間連続でおこなわれ、その翌日また1日休息日が入ります。

そして準決勝、決勝が2日続けて行なわれます。

予選リーグは買っても負けても3日間で3試合おこないますが、決勝トーメントは負けたら即敗退です。

予選リーグを勝ち上がるのは、各ブロック上位2チームまでと、年によっては3位のチームで勝ち点の多い数チームが勝ち上がります。

予選リーグで敗退したチームは、通常4日目の休息日に北海道を去ります。

最長のケースは決勝戦まで進むチームで、試合は10日間に渡っておこなわれます。これに前後の移動日を加えると12日間前後、帯広に滞在することになります。

ここで悩ましいのは応援の保護者ですね。

よっぽどめぐまれている人でないと、12日間も休みを獲るのは難しいでしょう。

いや仮に12日間休暇をとっても、子供のチームがどこまで勝ち残るかなんて事前にはわかりません。

それによってホテルや飛行機の手配も変更しなければなりませんから本当に悩ましいところです。

またこれが札幌のように日本国内の各地から毎日多くのフライトが就航してる場所なら、まだ色々対策の練りようもあるのですが、帯広は東京と大阪に1日数便のフライトが運行しているだけです。

子供の試合結果によって帰りのフライトを変更しようにも、運良く希望の日のフライトが取れるとは限りません。

またホテルも同じで帯広は札幌のような大都市ではありませんから、ホテルの数も多くはありません。

そこへ大会期間中は全国から大勢の選手、チーム関係者、大会関係者、マスコミ、それに保護者が殺到してくるのです。

 

さあ、これでもうおわかりでしょう。

うちの子が全国大会に出場する!

と喜んでばかりはいられないことを。

 

幸いおかげさまで、我が家では長男も次男もこのクラブユースサッカー選手権全国大会に出場する機会に恵まれました。

 

この項では、せっかくのお子さんの全国大会を

心おきなく応援し満喫するため

私の経験から得たヒントとアイディアをご紹介したいと思います。

このサイトが、帯広でおこなわれる全国大会へ応援に行かれるみなさんの少しでもお役に立つ事ができるなら、こんなに嬉しことはありません。

item14
管理人